英語に限らずモチベーションが大事なんだよ!

英語学習の勉強をしていく場合は、たくさんの障害があります。効率の良い勉強法や、記憶の仕方、モチベーションの管理などです。最初だけやる気が出たケースや、わからなくて挫折したり、英単語覚えられなくて嫌になるといった方は、続けやすい方法を学びましょう。

そもそもまず、英語が本当に必要かも重要です。日本はあくまで日本です。企業によっては活躍できても、必ずしも英語を活かせるわけではありません。日本はしばしば内需国と呼ばれるように、貿易依存度はかなり低めです。今後、そこまで英語が必要になるとは限りません。

継続していく上で最も難しい問題が、モチベーションについてです。英語をやらないよりはやったほうがいいといった理由で始めると、かなりの確率で挫折します。古文を楽しく学ぶような工夫ができる人なら、英語を楽しむのは易しいでしょうが、それ以外の方は工夫が必要です。

勉強においては、問題集を先にやってからテキストという方法があります。完璧主義の人は敬遠する方法ですが、テストや資格試験が目標なら決して効率は悪くありません。このやり方のほうが要領を掴める上に、モチベーション管理も少ししやすくなると思います。

英語学習では、単語記憶が欠かせません。単語を避けるのは不可能です。できれば生の英語生活から自然に覚えるのが一番ですが、難しいでしょう。ですから、暗記していくことになります。ということは、すなわち記憶力の向上が必要です。

記憶力の向上の1つとして、記憶術を身に付けることが挙げられます。これによって、記憶と忘却のコントロールが向上しやすくなるでしょう。記憶にはイメージ力が不可欠です。単語を記憶する際は、日本語に変換するのではなく、直接イメージで覚えるようにします。

  • まぁ適当だけどな